友達つくりをする時に大事なこととは

友達作りというと幼稚園や小学校の頃は当たり前にできた人でも、高校生や大学生、社会人になるとできないという人が増えています。
そこで、友達作りをする場合に大事なことを予め知っておくことで友達を作ることが出来、その結果メリハリのある毎日を過ごすことができます。
まず、たくさん人が集まる環境に身を置くことです。
例えば大学で友達ができにくいとすればサークルに入ってみることです。
また、サークルや飲み会などのイベントに誘われたら、とりあえず行ってみましょう。
参加することで、翌日その時の話で盛り上がれるし、また誘ってもらうようになります。
そもそも集団に入る理由は、人は10人に2人ぐらいは自分と相性が良い人がいるからです。
大体どこの環境でも2・6・2の原則が当てはまります。
2割は相性の良い人、6割は相性は普通の人、そして2割は相性あまりよくない人です。
あなたの周りの環境にもきっと当てはまるはずです。
という事は、そのうちの相性があまりよくない2割を除けば友達になれる可能性は高いのです。
人が集まる環境に入り込んだら、次に積極的に明るくふるまうことです。
積極的に話かけることでも友達の増え方が違います。
ただ、あまりキャラを変えると後々ずっと不自然なキャラでいなくてはならないので下手にキャラを変えずに自然にふるまうべきでしょう。
友達を作る際には無理をしてたくさんの人と友達となろうとしないことです。
友達が多いということはそれだけ付き合いが増え、その結果自分の時間が無くなってしまいます。
注意点としては、せっかくの生活費や学費を交際費に使ったり、それでも足りなくなって交際費をアルバイトで稼ぐという事態だけは避けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です